人気ブログランキング |

二回目

デッサン教室二回目。

今日はモチーフがつまんなくて、すぐ描き終わってしまいそうだったのでモチーフの乗っている台から全部しっかりかいてみようとがんばる。
しかしこれが結構むづかしくて・・・・
テーブル板・十字の金具・足・足の十字の補強棒と、トータルでバランスがとれなくって床の上にどっしりテーブルが立ってるかんじにならない。
平行にならないっていうか、パースがむづかしい。
丁度先生が近くにいたので、そのへん教えてもらったら「遠慮せずに補助線(操作線というらしい)を何本もどんどんかく。部分的にじゃなくて長くかく。」
とか、実際簡単な絵をかいて結構細かく教えてもらいました。

c0112152_20433361.jpg


(ほんとはもっと線いっぱいだけど、ちょっと画像明るくしたらきえた)
補助線つかって絵をかいたことがなかったので、なるほど〜とおもい描いていくと、やっぱり最初になんとなくのバランスだけみて描いたものよりこれでも安定感がでてきた。
でもまあ、こうやって改めてみるとテーブルの形とかまだちょっとへんやね。。

飽き性の自分は、前回のデッサンでは一時間くらいでなんとなく形がかけちゃって、もー描くのない、あきた。。となってしまったけど、今回はテーブルのバランスをとるのに四苦八苦で時間の二時間があっというまでした。
それどころかちゃんと描こうとしたら二時間じゃたりねーよ〜〜。

この先生がなんかすごいいい先生で、みんなに親身になってしっかりとアドバイスをしてくれる。
その姿勢は二回目の初心者のわたしにもすごくよくわかるかんじ。
前の講師だった先生(この夏に変わったらしい)は、とくになんのアドバイスもしない先生だったみたいで、今の先生になって絵のタッチがかわった!といってた女の子のデッサンをみたら、一目瞭然、短期間ですんごい立体感のあるきれいな絵になってました。

わたしも、いままで誰に何を教えてもらうことがなかったので、自分の絵にアドバイスをされることがすごい新鮮ですごい楽しい。毎日でも教えてもらいたいくらい。

あまりさむくならないうちに外にでてのデッサンもなるみたいで、それも期待!!
水筒にあったかいお茶をいれてもっていこ〜〜。