カテゴリ:映画( 22 )

c0112152_11241416.jpg

イントゥ ザ ワイルドが良い良いっていわれてたんで、ようやくみたよ。

・・・最高でした。
本当の話だったって、しらずにみたよ。
もう一度みようか・・・。

この映画の感想を言葉で表現するのは私には無理だし、
結局観ないとなにも伝わらないので
みることをおすすめします。

今の生活や自分に漠然とした不安があるひと、
何か変えたいとおもってるひと、
単調な毎日だなーとおもってるひと、
&日本人のみんなに
ぜひともみてもらいたい。

これから先の人生、なにかにまよったとき勇気をくれる1本になるよ。
もうちいさなことにクヨクヨしてらんないよ。
そりゃおすぎも誉めるよ。


Magic busは本当にあるんだってさ。


ぐーぐるあーす
http://www.panoramio.com/photo/11304827

原作があるらしいので、それもみよう。
この映画をみた感覚を、一時的なものにせずに
わすれないようにして生きて行きたい。

毎日PCの前にすわってるだけの自分。
まずは・・・

うん、やっぱりキャンプからはじめよー。
[PR]
by ap-star | 2009-10-30 09:54 | 映画
ウルヴァリンみにいってきた。(微バレあり)

映画はかなーーりおもしろかったぁ〜〜〜〜!!!
予告で早くも腰が痛くなり、
これ映画終わるまで大丈夫か・・・とおもったけど
はじまっちゃえば腰のことなんて思い出さなかったくらい
ずっと見入ってしまった。
やっぱX-MENのアクションシーンはさいこーだぜ!!




しかし今までのじゃあ激弱なウルヴァリンが、
単身映画になったらどんななんだよ!っておもって期待してたら・・・・


やっぱ弱かったーーーー (・∀・)ーーーー!!!!
人一倍打たれ強いコうるばりん。
だってお兄ちゃんに踏まれて爪おれるって、
結構やわいのね、あの爪・・・。
お兄ちゃんは爪とか、あと色々身体能力的に狼っぽいけど、
ウルヴァリンさんも今でこそ狼男的ポジションだけど
あの人別に狼関係ないよね。
もみあげがちょっと人よりあるっていうだけだよね。


いちばんカクイかったのはトランプ使いのひとだったよ。
主人公をあのタイミングで助け出すって、
いやでもかっこいくないわけないしょ。
物質にエネルギーを入れ込むことができる能力ってネットで見たけど本当かな?
結構オールマイティーで強そうな能力だ。
LOSTのチャーリーもでてきてびっくり。
でも電気を操る能力?なんか似合ってるよ。

なんでアダマンチウム弾を頭に打つと記憶無くなる、が確定事項なの?とか
島に橋ついてるじゃねーかwとか
めんどくさい細かい設定はなにも決めてませんな部分で
色々つっこみどころはあるけど、まーべつにいっか。
だって充分おもしろかったし!!

とらわれてたミュータントたちの活躍もみたかった!

X-MENみてると、こいつなんの能力者だ?とか考えて
あれ?なんかワンピースみてる感覚と似ている?ということに気づいた。

なんか続編まだまだでてくるらしいから、それも楽しみ。
っていうかウルヴァリンみたら、再度1からみたくなった。
アメコミもみてみたいけどなー。。
どうかなー、マンガじゃあ、おもしろさ半減かなあー。(絵柄アメリカンだし。。)

銃使いの人ってさ、あれほんとに銃使いなだけの能力なの?
それって得意です!っていうのとあまり変わらないような。。。

この世に銃がなかったら一般人じゃん?とおもったけど
一般人だと思ってる人はこの世に得意な発揮できる媒体がないだけで

もしかしたらみんなミュータントなのかもしれない!!!
(っていまいいこと言った)
[PR]
by ap-star | 2009-09-15 11:39 | 映画
レッドクリフみてきました。
三国志ってまったく知らないし興味もなかったんだけど、
母親がみたいというので、それについてったってかんじで・・・。
話についていけるのかしら?とおもったけど
その辺は問題なく、しかもとってもおもしろかった。
部分的には、え〜そんなところをそんなに重点的にやるの??って
感じるところもあったけど、基本的にああいう戦闘ものだいすきなので
そっちも充実してたのでよかったです。
関羽、かっこよかった〜。
母親も大満足だったみたいで、早くも第二部に期待してました。

しかしレッドクリフ。
赤壁って意味だったのね・・・。
観ている最中に気づいたくらい、三国志知識のないあたしでした・・・。
(いや、英語力の問題か)
[PR]
by ap-star | 2008-11-29 12:17 | 映画
ブタがいた教室、観に行ってきました。(バレなしです)
地元浜松ではやっていないので、豊橋へ。

予告で泣けたくらいなので、手ぬぐいを忘れずにもっていったんだけど
ほんと、わすれなくてよかった・・・・・ってくらい、すごくいい映画でした。
もう映画っていうよりドキュメンタリーに近い気もするけど。

私は、最初はぜったい育てた豚なんて食べられないでしょ!だったけど
映画をみたあとは食べる派に気持ちが変わってた。

妻夫木もすごい自然でいい演技だったけど、子供達がとってもいい表情なんだな〜〜
言葉にも表情にも、ウソはないだろうなあと思った。
ぜひぜひ、気になる人はこの映画をみてもらいたい!!
上映館数がすくないので、DVDでも!

ケガする、汚い、心に傷つくとか、そういうことを恐れて
体当たりなことが最近はすごく薄れてる気がするので
いろんな感想を観てるとやっぱり批判も多いようだけど
先生と生徒が一緒にぶつかって考えるって、結果それが正しい事かなんて
わからなくたってとても大事だとおもうのですよ。
しかも命のこと。何が正しいかなんて、結局誰にもわからないし正解はないとおもうし。
どうしても机上の空論になってしまいそうな議題だけど、
子供の頃にリアルに受け取って考えることができるって、大切だよね。


昨日めちゃイケみてたら、ナイナイをしらない、だから岡村もしらない、
TVで観た事もない、岡村のへん顔&へんポーズにクスリともしない小学生がいた。
周りが笑ってる中、普通の小学生なら笑うでしょってところで
ピクリとも笑わなくて、ちょっと怖かった。
一緒に笑わなくちゃ!とかは全然思わないけど、なんていうか普通じゃないかんじ?
きっとこういうコが、豚と豚肉がイコールで考えられなくて、
魚は切り身で泳いでると思うんだろうなあ。





前に放送されてた実際の先生と生徒の映像です。
映画ってほんとに忠実に再現したんだなあっておもった。
(最近忠実に再現ってマンガだってないのに)
映画みる予定の人はみないほうがいいです。
↓↓↓








[PR]
by ap-star | 2008-11-02 10:52 | 映画
予告の音声だけ聞いて泣けた映画は、これがはじめてです!

ブタがいた教室
http://www.butaita.jp/



“ブタを飼って、飼育をした後、自分たちで食べる”
1990年に、実際に小学校の先生がはじめた実践教育のお話。
二年半教室でブタのPちゃんを飼育して、ペットみたいになっちゃったPちゃんを
卒業を控え食べるかどうか全員で話し合う。
「ブタ肉は食べるけど、Pちゃんは?」



・・・って、あうあうあうあ~~~~~~~~~~~・・・・・・
想像しただけで泣けてくるね。。。
小学生が、私なんかが及ばない程の時間をかけて命の事を真剣に考え、
真剣に話し合って、そのうち食べちゃうかもしれないPちゃんと過ごすんだよ。
Pちゃんはペットだから食べたくない。でも普段肉は食べてる。
同じ生き物なのに、ペットになっちゃったからPちゃんだけ食べないのか。
こんな大きすぎることを自分が小学生のとき考えたら、頭がパンクしちゃいそうだ。
どういう気持ちなんだろうね。ぬるく過ごしてる私には想像もできない。

この生徒だった人たちは、その後どんな風に過ごしてるのかも気になる。
ベジタリアンになっちゃったりするのかなあ。
そのへんはパンフに書かれてそうだな。


撮影現場には普通に全部の台詞や結末が書かれている「大人用の台本」と、
子供の台詞と結末が空白になっている、「子供用の台本」があったらしいです。
もちろん子供たちに手渡されたのは、その空白になっている台本。
なので、生徒達は本当にこの授業を生で体験したってことになるんだよね。


1993年にテレビ放送された時は「残酷だ」「教育じゃない」という
多数の批判をうけたらしいけど、そういうひとたちってなんなんだろうね。
こんにゃくゼリーの件しかり、浅はかな部分だけでしか頭で考えない人たちなんだろうなー。

とにかく公開されたら即観に行きたい!!!
これだけはぜ〜〜〜〜〜ったいネタバレ知りたくないから、いろんな映像は見ないようにしてます!!!
ちなみに11月1日からです。
興味をもった方どうぞみてください。


オフィシャルサイトのリンクページに、
ポークハムへのリンクが普通に張られている事からしても
この映画の真剣さがうかがえるってもんですよ・・・・・・・(すげぇよ。。)
[PR]
by ap-star | 2008-10-15 21:52 | 映画
本当は晴れなら川辺で七輪ばーべきゅー!!だったんだけど
あいにくの雨で、ばーべきゅーは延期となりました・・・。

しかし七輪の予定があったとおもえないくらい
いろいろと忙しい日曜日に。

●朝から20世紀少年を読む。

妹に貸す前に、久々に目を通そうとおもったら
おもしろくってずっとみちゃいました。
結局妹には7巻までしか貸せず。
(もちろん8巻以降は私が読むため)
といっても11巻までしかもってないので、続きを買おうと古本屋にいったら
さすがにおいてないんだよね〜どこにも!!
映画効果ってすごいなあ〜。前はいっぱいあったのに・・・。
映画が落ち着いたらまた出始めるかな〜。

●妹たちとお昼に回転寿司へ。

子供って以外とお寿司を食べないということを知りました。
たまご二皿しか食べてなかった。おなかすかないのかしら。
上の子はずっと私のiPhoneでゲームや写真に夢中に。
やっぱ子供はいろいろ覚えるのが早いわ。

●バウハウス・デッサウ展へ。

http://www.bauhaus-dessau.jp/
浜松美術館にいってきました。
しょっちゅう美術館にはいかないけど、知ってる中では一番にぎわってた!!
あまり詳しいことはわかんないし、ボキャブラリーも貧困なんで小学生のような
ことしかいえませんが、バウハウス、すげ〜。
一見今時な、モダンでおしゃれな家具やデザインの数々ばかりなのに
これが100年も前にきちんと勉強してデザインされていたものだなんて!!
100年経って色あせないどころか、まだまだ最新ってかんじで
今の人たちはこれをまねしてるだけなんだ!ってかんじです。
入学してぇ〜〜〜〜。

●バグズワールドへ。

http://www.cinemacafe.net/official/bugsworld/
アリさんの映画です。ネイチャードキュメンタリーっていうの?
アリさんすげえ〜〜〜〜〜〜。かっこいーーー。
一言でいえばシロアリさんとクロアリさんの戦いなんだけど、
アリさんの社会ってすごいじゃないですか。
蟻塚のことを映画中では「要塞」と呼んでいるんだけど、
映画みてるとほんとに巨大なオズトロヤ城にみえてきます!!
いやぁ、なかなか言葉では表せられない素晴らしさです。
人間なんてぜんぜんすごかね〜よぉ〜〜。
ネイチャードキュメンタリ好きなひとはぜひ是非みてね。

●デトロイト・メタル・シティへ

私はあのできは大大大満足ですよ。すっっごいおもろかった。
ラストだけ「そりゃないわ!」とおもうけど、まあ良し。
しかしよくもまああれだけピッタリンコな作曲をしてくれましたね・・・。
すばらしーじゃないか!!!!!
全曲すごいです。
ライブのシーンも超かっこよくって普通にDMCライブいきたくなったし。
次の日からは「あまいあまい・あまいあま〜〜〜い♪」が頭からはなれなくってねぇ。
あそこまで曲とかしっかりつくってくれたら、作者もうれしいだろうなあ。
ストーリーもいろいろはいってたし、うまいこと二時間でちゃんと最後に盛り上がりを
もってきたなあ、うまいなあと思いました。

映画のハシゴ、学生のとき以来か?ってかんじだけど
どっちの映画もとってもおもしろかったので全然苦じゃなかった。
来週は20世紀少年とダークナイトだ!!!
[PR]
by ap-star | 2008-08-26 18:16 | 映画
ひさびさにDVD借りてみました。

「自虐の詩」

映画館でやってるときにおもしろそうだったんで観たかったんだけど、
いつのまにやらおわってたやつ。

ちゃぶ台ひっくり返すイメージしかなかったんだけど、
実際みてみたら
すっっごいすっっっっっっっごいよかったぁ〜〜〜〜・・・・・

前半はほんと笑えるところばっかりだったんだけど、
後半は泣くところばっかりだった。

&そこまでひろいますか?!てなくらいストーリーにも取りこぼしなく、
もうね、ほんと気持ちがいいくらいキッチリすっきりでした。
大・大・大満足。★5つ!!!!!!

気になってる人いたらぜえええ〜〜ったい観ることオススメします。
ほんっっと満足ですわ!

つーかやっぱ中谷美紀美人すぎるわ!!
あの骨格になりたい。
[PR]
by ap-star | 2008-08-12 16:10 | 映画
三谷さんのマジックアワーみてきました。
最初は笑いどころがなかなかでてこないので、
あれ?ない…おもしろいところが…とシリアスな展開に不安でしたが、
話がすすむにつれ…

すげーーーーー!
結構スリリングなのに、すげーーおもろい!!

基本的にウソを突き通すタイプのストーリーはすきじゃないんだけど、
これはちがう!ラストもイイ!!
かなりおもしろくって、結構館内爆笑でした。

やっぱり喜劇は映画館で、大勢で笑うにかぎるね!!
こんなに笑うとおもわなかったっていうほど爆笑してきましたよ。
でももちろん、ただおもしろいだけじゃないし。
佐藤浩市すげーーYO 西田敏行も。
あんなに大勢の登場人物を、それぞれにいい持ち味与えて
それぞれにそのキャラいかしてストーリーに組み込んでいって、
ラストはきれいにおさまるあの感じがとってもすき。
[PR]
by ap-star | 2008-06-15 11:43 | 映画
週末から、一分一秒を争うような仕事をしてて、
今取り敢えず一段落・・・ほっ。。

お昼までに入稿といわれてたのに→校正の返事が昼すぎにくるわ、
じゃあ最低でも3時までにデータアップっていわれたのに→最終校正の返事が3時すぎに
ってあんた、最悪ギリギリの時間ゆうにこえてても〜ここまでくるとわろすわ。

日曜日は母親と「紀元前1万年」みてきました。
サンストリート浜北までいってきたんだけど、そのとき食べた野菜ラーメンが
超こってりタイプで、おまけに餃子までたべちゃったもんだから
カロリー計算して、2日前までは2キロ痩せてたのに、ちょっぴりもどっちゃいました。
無念。。。
今週末も、来週末も外食の予定がある。
平日極力セーブするようにしよう。


以下1万年前の感想です。
↓ネタバレありですえ。




面白かった。ただ単純に映像の迫力があって、あまり頭で考えずにみられるんだもんね。
ジャングルの中はなんだかジュラシックパークみたいってか、
完全に別映画みたいだったし、とらわれの奴隷のところにいとも簡単に行き来してるし
(だったら腕力自慢の奴隷の1人や2人、即脱出できそうなんだがw)、
神のこと知ってる人間=おとーさんじゃね?!とおもったら違うみたいだし、
あ、じゃあ神様=おとーさんなんじゃね?!!とおもったらさらにちがうし、
(神様あっというまに死にすぎだっちゅうの。。。)
ことごとく色んな伏線おきっぱなしだしw
そんなすげーひらきなおりなストーリーがおもしろかった。

のび太の恐竜みたいに、最後的にサーベルタイガーけしかけられて、
でもそれが助けたあのコだった!!とかになるかとおもってたけど、
さすがにそんなチープな筋道はなかっただけましか。
なかっただけましだが、「サーベルタイガーは牙と話ができる人」のためだけに
登場ってのも、なんだかさみしいなあ・・・。

あと、巨大鳥だといわれてた船のデザインはとってもきれいだった。

一番お気に入りのシーンは、マンモスちゃんがブチギレしてどんどん坂をくだって走ってくところで
フラフラのぼってくマンモスちゃんも、ブチギレマンモスがきたらつられて
一緒になってブチギレて爆走するところ。
群の習性かしら。かわいい。

ラストも、あっちゅうまにお家かえっちゃったね。
またあのジャングル通ってきたのかなあ。絶対みんな死ぬよねあそこ。
すっげーはしょりすぎ感がするので、5〜6時間映画とかにしちゃって、
もっともっとながーーく話をつきつめてったのがみてみたい。

結論。おとーさんの扱いひどすぎw

大画面でならもう一度みたいけど、
TVなら別にみなくてもいっかなって、そんな感じ。
[PR]
by ap-star | 2008-05-20 18:47 | 映画
地図を、31店舗分お昼頃から描き起こしてようやくさっきおわりました・・・。
しかもgoogleMapからの描き起こし・・・・・・・

しぬしぬしぬしぬしねしね〜〜〜!!とか思っていたけど、
あ、これこないだ富士いったときに通った所だ、と思って
インターから山中湖まで行ったり、
138号線ってさっきもあった!どう繋がってくんだ!とか思って
ぐんぐん138号線を進んでいったり、
地図で小旅行気分になって、思ったより楽しく終わりました。
地図ってみてるのおもしろいよね。
「そういえばここ通ったことある」くらいの道がおもしろい。
国一とか県道356とかあると、国道って何号線まであるんだろうとか、
県道もやっぱ1号線からあるんだろうかとか、
いろいろ突き詰めたくなるね。めんどくさいからしないんだけど。

でも31店舗もこんなに時間かけて作りあげたのに、出来上がりみると
「・・・こんなもんにこんなに時間を?」てくらいあっさりな出来なのよね。
せつねー。。


昨日久々に映画館へいってきました。
みたのは荒川良々主演の「全然大丈夫」。
(ほんとうに良々主演なのか疑問だけど)
ユルい映画とはこういうののことを言うのか、ってかんじで
とってもおもしろかったです。
ストーリーがなんかすごい!とかいうのは全くなくって、
なんの抑揚もないノンビリ映画はちょっと苦手だったりするんだけど
この映画は、とってもよかった〜〜。
のんびりと面白いのとほんわか加減が、いーぐあいにミックスされてました。
あ、鳥居みゆきがでてました。
最後に名前がでてて「・・・ああ!」と気づいたよ。びっくり。
[PR]
by ap-star | 2008-05-11 01:24 | 映画